手で胸を隠す女性

打ち上げ最後の締めに中洲のセクキャバなんかはどうでしょう

セクキャバで働いていた元カノ

元カノがセクキャバ嬢でした。事実かどうかはわかりませんが、彼女から聞いたセクキャバの話です。
彼女は最初普通のキャバクラで働いていたのですが、なかなかお客さんとのコミュニケーションにストレスを感じることが多く、その結果その仕事を続けられなくなってしまいました。しかしそれまでの生活水準を下げることもなかなかできず、夜の仕事ならではの給料を得られないと生活に困る状況になってしまいました。選択肢としては風俗も考えていたようなのですが、とりあえずセクキャバで働いてみようと考え、実験的に体験入店をしてみたようです。
実際働き始めると仕事の大枠はこれまでこなしてきたキャバクラとそんなに変わらないようなのですが、実際は難しい話しに無闇に付き合うよりも身体を触らせる時間も多くあるため、ストレスがむしろ溜まりにくく感じたようです。身体を触られるのが苦手な女の子にとっては心地よくない時間なのかもしれませんが、彼女はあまりそれを感じなかったので合っていたようです。むしろお客さんに相槌を我慢して打ち続けるほうが大変だと感じていたとのことでした。人によって合う合わないはありますが、同じような状況で仕事に悩みを抱えている女の人にとっては一つの選択肢になりえるのかなぁとおもいます。

menu

Site map

Copyright © 2017 打ち上げ最後の締めに中洲のセクキャバなんかはどうでしょう All Rights Reserved.